ゲームの専門学校においてサウンドコースがあります。ゲームにおける効果音の作成を学ぶコースです。

ゲーム製作とゲームの専門学校の解説
ゲーム製作とゲームの専門学校の解説

ゲームの専門学校でサウンドコース

携帯電話の着信音と言いますと初期は一般の電話と同じようなものだったのでしょう。一定の電子音がなるものです。その後より広まってくると独自に選べるタイプが出てきます。それでも音の種類は少なかったと思います。今はといえば、一般に流れているCDなどを着信音にしたりすることができています。一瞬誰かのCDが流れたのかと思ったら着信音だった時がつくことがあります。パソコンで様々な音が表現できるようになってきたのです。

かつてのゲームのサウンドといえばピーやらブブーなど単純なものばかりでした。ミサイルが当たればそのような音がなるレベルです。でも今はその時の状況に応じた効果音が流れ、臨場感を楽しむことができるようになっています。ゲームの専門学校では、サウンドコースが設置されています。ゲームで使われる効果音などを専門的に学ぶコースになります。ゲームの音楽においてはそのゲームごとに別々のサウンドが使われています。

同じサウンドを使うことができないだけに、それぞれのシーンに合わせた曲作りができなければいけません。ゲームが好きでよく楽しんでいる人のほか、音楽センスがある人もこのコースを選ぶのに適しているかもしれません。音楽ソフトなどを使います。