ゲームを作るうえでプログラミングだけでなく他にも知識が必要となる。ゲームの専門学校ではそういったことが学べる。

ゲーム製作とゲームの専門学校の解説
ゲーム製作とゲームの専門学校の解説

ゲームの専門学校について

最近携帯ゲーム機やテレビゲーム機だけでなく、スマホなどでもゲームが出来るようになり様々な方法で触れる機会の多くなったゲームですが、ゲームで遊んだ事ある方の中で自分だったらこんなゲームが作りたいななど思う方がいると思います。なので、今回はそのような方向けにゲームの専門学校について書いていきたいと思います。

ゲームを作ると言ったら「プログラミング」と思う方がいると思いますが、実はプログラミングだけでなく様々な知識が必要です。たとえば、プログラミングが出来るだけでは、キャラクターを動かすことはできるかもしれませんがキャラクター自体を作ることが出来ないなどです。しかし、ゲームを作る必要な知識を全部やることは時間的に厳しと思います。なので、ゲームの専門学校では様々な学科を用意することで深い知識を得られるようにしています。

次にゲームの専門学校が用意しているコースの例とその特徴について書いていきたいと思います。ゲームプログラマー専攻ではゲームのキャラクターなどを動かすうえで重要なプログラミングについて学びます。ゲームグラフィッカー専攻ではゲームに登場するキャラクターや背景などの作り方について学びます。ゲームプランナー専攻ではゲームのシナリオなどの作り方を学ぶことが出来ます。サウンドクリエータ専攻ではゲーム上で流れる音楽の作り方について学んでいきます。