ゲームの専門学校では一体どういったことをするのか、他にもやることはないのかなどの簡単な説明文です。

ゲーム製作とゲームの専門学校の解説
ゲーム製作とゲームの専門学校の解説

ゲームの専門学校の勉強内容

ゲームの専門学校では一体何を勉強するのか。本当にゲームを作ったりできるのかという質問が多いです。当然のことでゲームの専門学校といってもいろんな分野があります。ゲーム開発に携わりたい方は例えばこういった見方もあります。それはデザインです。デザインというのいっぱいありますがゲーム関係の絵を作成するデザインもゲーム作りの一部です。そして今ではプログラミングで一から開発していくという流れになります。

ゲーム作りというのぱっとは思いつかないかもしれません。まず企画、デザイン、マーケティングなどもやっていかなくてはいけません。それをゲームの専門学校でやるのかというともちろんきちっとやるところもあるでしょうがそういうことも含めて学校で勉強するには三年程度じゃあ厳しいと思います。基本的にはプログラミング系統が多いでしょう。プログラミングというのはパソコンなどに命令を与えることをいいます。

例えば右に動け、ボタンを押したらこれを表示しろなど細かく一から設定していくのです。我々が今までゲームをしていますが、実は滅茶苦茶細かい仕事なんです。少しでも不備があるとあっという間にバグが広まってバグチェックだけで非常に時間が取られます。ゲーム作りは楽しいですがゲームの専門学校の受験をしようと思っている方は細かい部分なども目を通して行ったほうがずいぶん楽になると思います。