ゲームの専門学校において、3Dの技術を学ぶコースに入ります。飛び出してくるような映像を作ります。

ゲーム製作とゲームの専門学校の解説
ゲーム製作とゲームの専門学校の解説

ゲームの専門学校で3Dの技術を学ぶ

平面上に立体の図形を書くことがあります。四角のボックスを描こうと思ったら、遠近法などを使います。真四角などを使うと立体的になりません。菱型であったり、斜めなどを使うことによって立体的にします。四角形ぐらいであれば手描きでも描くことができますが、これが人物像となるとかなり難しくなります。影などを上手く使うことによって立体的に見せることができます。これらの技術はあくまでも2Dの世界における立体図になります。

現在はテレビやパソコンに3Dの技術があり、飛び出してくるような映像が作れることがあります。より迫力があることから、これからもこの技術が広がると言われています。ゲームの専門学校において、3Dの技術を学べるコースがあります。ゲームの企画で3Dで作成される場合にこの技術が必要になります。どういった時に3Dにすればいいか、どのように表現をすればより効果的に使えるかなども学んでいくことになるでしょう。

平面で扱うのに対しては、より高度な技術が必要になります。とにかくどんどん作成してくことで技術を習得します。自分自身で作成したのに驚くような作品が作れるようになれば一人前になるかもしれません。そのような技術者を目指します。